ボス
2020-05-06

自粛営業の延長につきまして


前回の日記で緊急事態宣言による自粛を本日まで続ける
とお話しさせてもらいましたが、緊急事態宣言が延長されたことにより
今月いっぱいまでROUROUは「予約営業」を延長し、カフェもお休みを
延長しようと思います。


ROUROUはこれまで通り事前にご連絡いただければ、お店をご案内しますので
直接商品を見たい方は、遠慮なく是非ご連絡ください。
また、通販は通常通り営業しています。

横浜中華街はなんと99% まで来街者が減ってしまっています。
お店も1割程度しか営業していません。
年間2000万人以上が来街する中華街、平日は5万人、週末には15万人の
来街者があると言われています。
通常のゴールデンウィークと言えば、例年ですと道のこっち側から向こう側に
わたるのも大変なくらいの賑わいで連日テレビでもその賑わいが報道されてきました。

今では人の消えた中華街をたくさんのメディアが取材に来ます。
たまたま街の理事をしていてメディアの担当ということもあり、
テレビや新聞で僕の顔や新聞を見た方も多いと思います。
今回のこの騒動で、テレビでは30回以上、新聞は数え切れないくらい
取材を受けてるので、もうチェックすらしなくなりました(笑)
これまではバラエティやグルメ特集、旅番組などでほぼ毎日のように
様々なメディアに中華街は取り上げられていたのに、今は人がいないことが
ニュースになるなんて、なんとも皮肉なものです。

この大変な状況はおそらく中華街だけでなく、多かれ少なかれ全国で(いや世界中で)
起こっている現象で多くの地域、また業界関係なく大変な影響を受けているんだと
思います。
こうした状況になると改めて商売の原点に戻るというか、自分たちが大切にしてきたことや
守らなきゃいけないことなんかを見つめ直すいい機会になるなと、僕自身は考えています。
この騒ぎが収まったら、まるで何事もなかったようにこれまで通りの日常にすぐに戻るのかも
しれませんが、もしかしたらある部分ではそうじゃないかもしれないなと僕は考えています。

まだうまく頭を整理できていないのですが、多くの人々の価値観が変わる
パラダイムシフトの中に僕たちはいるのかもしれません。
お店のあり方、仕事のあり方、ビジネスのあり方、身の回りの人間関係のあり方や
それぞれに対する考え方が、たくさんの人々にとって大きく変わろうとしているのかも
しれません。しかも同時多発的に世界規模で。

先輩経営者に「本物は生き残り、偽物は淘汰される」と言った方がいました。
これまで、当たり前のようにまかり通って来たあらゆる「小手先」や
「テクニック」みたいなものは一切通用しなくなるんだと。

この状況が続いている中でも、またこの騒動が終わった後でも、みなさんに選んでもらえる
ブランドになれるように、またもっと愛される会社になれるように、何を大切にして、
どうあるべきかについてこの期間じっくり考えてみたいと思います。
ROUROUはROUROUらしさをさらに突き詰めて追求していくことで未来が開けるかもしれないと
考えています。

またこうした状況だからこそできる、楽しん企画なんかもあれこれ考え
妄想を膨らませています。

話は変わりますが、昨晩息子の提案で、ソファを部屋の窓際に寄せ、
部屋の電気を消して音楽をかけて、夜景を見ながら夕食を食べました。
残念ながら曇り空で星空は見えませんでしたが、見慣れた光景の中にも新しい発見を
することができました。
子供の発想にはいつも驚かされます。(勉強の方はアレなんですが・笑)

もうしばらくおうち時間を過ごすことが多くなるかと思いますが、皆さんもそれぞれで
楽しい過ごし方を見つけてみてください。

#stayhome



Copyright ©2005-2015 ROUROU Japan All Rights Reserved.